コロナに罹ってました(おそらく)

(重症化しなかったのにはワケがある)

首都圏とともに福岡でも緊急事態宣言が発表され、全国へ。

もう、1カ月程度前になりますが、

なんと!みなさん、わたし、コロナウィルスにおそらく感染し、発症していた模様

とにかく外出していないので、もちろん病院にも行ってませんので、PCR検査もやってません。

ですので、『おそらく』という事を前提として経過のご報告をしたいと思います。
あくまで、わたしの場合です。
人によって少しずつでも出方は変わってくると思います。

わたしの経過はかなりの軽症だとは思われますが、PCR検査にて陽性だった軽症の方の経過と照らし合わせても、やはり確信できるものだったと思います。

(もしかしたら、普通の風邪症状だったのかもしれません。)

このコロちゃん、無症状の方もかなり多い模様です。

しかし、軽症とは言え、全般的にはしんどいものでした。

経験から言えば、インフルエンザのようなウィルス感染発症に似ていると思います。

いちばんの違いは、発熱の仕方。

ではでは、経過を報告していきますね。

●1日目

はっきりした発熱は無く、軽い頭痛とそれに伴う吐き気が頻繁にある。咳なし。
軽い倦怠感。身体が重い。喉の渇きは無く、発熱も無く、吐き気もあるので、水分がとれない。

吐き気のせいで食欲は無い。

●2日目

発熱は36.7℃くらい。まぁ、平熱と言えば平熱。
1日目よりもいくぶん吐き気はおさまる。咳なし。お昼過ぎから37.0℃くらいまで。

その前後を行ったり来たりするけど、37.5℃には届かず。
ときどき吐き気。飲んだり食べたりできないので、吐くものがない。
倦怠感が軽くあるが、まぁ動けるので、家族のために夕食を用意する。
夜は結構しんどさが軽くなるので、少し食べれる。家族から離れて一人で食事。

●3日目

熱は2日目と変わらず。吐き気はかなりおさまる。朝のうちはわりと動ける。
お昼過ぎから37.1℃くらいになるときが頭痛が酷くなるので夕方から夜まで動けず。動きたくない。

軽い倦怠感はあるが、まぶたも重く、何ミリも動きたくない。
なんでこれくらいの熱でこれほどしんどいのかと思う。
水分が取れるようになったので、がんばって水分を取る。

●4日目

熱は36.5℃からせいぜい36.8℃くらい。気分がだいぶ良くなる。
本を読んだりできるようになると楽に過ごせる。少しずつ家事をこなす。
お昼過ぎから調子が悪くなる傾向もこの頃には無くなった。

●5日目

体温計がうまく測れず、まぁいいかと思った。
少〜し倦怠感が残っているので、のんびり過ごす。

食欲もだいぶ復活している。
***************************************************

症状としてはこんな感じです。

もっと細か〜く言えばキリがないくらいなんですけど、軽症までで治まったのはありがたい限りです。

だいたい重症化する目処としては発症して4〜5日くらいなので、それを超えればなんとなく大丈夫かなと思ってました。

もう少し前に似たような症状があった際には、息苦しさが最後に来たので、それが怖かったのですが、ホメオパシーのレメディーで対応出来ていたので、準備はしておきました。

レメディーの選択は全て身体が教えてくれるので、その時にあったレメディーを選択しています。

総じて、良かったのはGel.ジェルセニウムとBry. ブライオニア

Gel.ジェルセニウムは微熱までもいかなかったけど、まぁ微熱にもいいし、悪寒にもいいレメディーです。

このレメディーも身体が重いのです。

Eup-per. ユーパトリームパーフも摂ってみるといいかなと思いましたが、見当たらなかったので摂ってません。

インフルエンザやデング熱の時によく使われるレメディーです。

頭痛や発作的な悪寒には使えたかも。

インフルエンザに使用される Oscillococcinium オスシロコチニウムも良さそうですね。

身体の声をよく聞いて、なんとなく気管支がヒリっとしたような感じがしたので、予防も込めて、Phos.フォスフォラスも摂りました。

欠かせなかったのはコロナのサポートチンクチャーとエキナシアのマザーチンクチャー。

途中でコロナのサポートチンクチャーは使い切ってしまったので、エキナシアのマザーチンクチャーをメインに摂りました。

お水500ccに10滴から15滴くらいを滴下し、少しずつ飲みました。

臓器のサポートと血液の浄化を狙います。

しんどい時は心が揺れることもあるので、528㌹の愛の音叉も使いました。

重症化しなかったのにはワケがあると思ってます。

コロナのサポートチンクチャーや他のマザーチンクチャーやジェモ、レメディーを日頃から摂っていたこと、食べものも野菜はなるべく農薬を使わないものを使うこと。かな
(この辺は詳しく書くとまたキリがないので別の機会に)

じゃ、なんで発症したのかっていうと、、、好奇心だったのかも。なーんてね。

まぁ、デトックスが必要だったんでしょう。

コロナのサポートチンクチャー摂取からの好転反応も考えられます。

ホメオパシーのレメディーは、病名からではなく、症状から選択するものです。

繰り返しますが、これはあくまでわたしの場合でして、

医療が必要な方、既往歴や持病がある方は躊躇なく、相談窓口に電話するなり、受診してくださいね。

医療崩壊を防ぐためにも、出来ることは、自分に出来ることをやっていきたいね。
みんなで乗り切っていきましょう。コロナ後にはコロナ前とはまた違う世界が待っているはず。

ホメオパシーのレメディーの使い方につきましては、緊急の相談も承っていますので、

お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEL:

受付時間 : 10時〜17時
※「ホームページを見た」とお伝えください。
電話が取れない場合は留守番電話にメッセージを残してください。

メールフォームからのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加